亜鉛と不妊の解消のための正しい食事法

サイトタイトル

亜鉛と不妊の解消のための正しい食事法について

亜鉛と妊活のための正しい食事法について紹介します。

妊活中に摂る食事は、体を普段以上に健康な状態にすることを最大の目的とする必要があります。

そして、最初に考えなければいけないのは、栄養バランスの行き届いた食生活です。

とりわけ、日本人の普段の食生活では不足しがちな栄養成分や妊娠中の女性が不足し易い栄養成分というものがあります。

ポイント1 妊活に良いと言われる栄養成分、食品を積極的に摂る

厚生労働省から妊産婦のため食生活指針というものが発出されています。

女性の場合には、一番、推奨される栄養成分が、葉酸であり、他にもビタミンやマグネシム、鉄分、そして亜鉛などのミネラルが不足しないように摂取することを指導しています。

上記指針は、元々、妊娠中の女性に対する指針ですが、妊娠をするための体作りをしている女性についても、同様のことが言えます。

男性の場合、特に厚生労働省の指導というものは無いようですが(当サイト調べ)、男性に精が付く食べ物として、日本に古来から伝わっている食品が数多くあります。

中でも、貝類や山芋、ウナギ等は、誰もが耳にしたことのある食品でしょう。

実は、この中で貝類に多く含まれているのが、亜鉛なのです。

実際に男性が妊活のために購入をしていたサプリメントの中でも、亜鉛は人気上位に位置しています。

もちろん、亜鉛だけを摂れば良いという訳ではないでしょうが、実際に買って使っている人は大勢いるんだということは、参考になると思います。

ポイント2 1日30品目

栄養バランスのとれた食事の基本は、1日に30品目を摂ること!と言われています。

あなたは、普段の生活で果たして何品目の食品を摂ることが出来ていますか。

夫婦共働きのご家庭では、どうしても夕食の支度に時間が取れないなど、毎日必ず30品目をクリアするなんて、とても出来そうにないという方も大勢いるかもしれません。

ポイント3 味付けと人口添加物の多い食品

しかも、ただ品数を増やせば良いというものでは、ないのです。

味付けは、濃い物を出来るだけ避けるようにし、塩分も控えめにしなけれないけません。

さらに、スナック菓子や人口添加物の多い食品、缶詰などの加工食品、即席めんなどもご法度。極力食べないようにする必要があります。

ポイント4 野菜や果物を食べる機会を増やす

正しい食事法の為には、まだまだ注意して欲しいことがあります。

例えば、野菜は出来ることなら無農薬のものを使う。

小腹が空いた時に食べるものは、フルーツやナッツなどに変更する。

まとめ

いかがでしょうか。出来そうですか。

人によっては、ちょっと努力すれば出来そうだという方もいるでしょう。

また、日頃から食べる物には、気を付けているので、今のままで良さそうだという人もいることでしょう。

ですが、中には、どうもこれでは、私に妊活を止めろと言っているようなものだと感じる方もいるかもしれませんね。

とりあえず、無理せず出来そうな部分から始めてみましょう。

妊活は早めに始めること、そして早めに成功することが望まれます。

もし、このままでは、栄養成分が足りそうにない。どうにかならないかなという方は、当サイトトップページ下部のリンクをご利用ください。

男性の方が妊活中、今よりも栄養バランスを改善し、健康な体になって、早く赤ちゃんを授かるようにしたいと考えた時に、とても役立つ情報が掲載されています。

亜鉛酵母効果